インフルエンザには様々な症状がある

全身に症状が出るのが特徴

インフルエンザは一般的な風邪と違い、身体の様々な場所に症状が現れるのが特徴です。主な症状は38度以上の高熱、関節痛や頭痛の他に、倦怠感や食欲不振などが挙げられます。

インフルエンザウイルスに感染すると、およそ1日から3日の潜伏期間のあと発症します。発症して1日から3日は上述の症状が強く出て、それから咳や喉の痛み、鼻水といった呼吸器症状が現れます。また、腰痛や吐き気などの消化器症状が出る場合もあるのです。一般的に10日前後で症状が落ち着き、やがて治癒します。

普通の風邪と違い、季節性があるのもインフルエンザの特徴です。日本では例年11月から12月ごろに流行が始まり、1月から3月にかけてピークを迎えます。

インフルエンザは急に発症し、関節痛や筋肉痛、頭痛といった全身症状が現れます。また、肺炎や脳炎などを合併し、重症化する恐れもあるのです。

インフルエンザ脳症に発展することも

1歳から5歳の幼児がインフルエンザにかかると、インフルエンザ脳炎やインフルエンザ脳症を引き起こすケースもあるのです。けいれんや意識障害、異常行動など、急速に進行する神経症状が起こる場合があります。また、血管が詰まったり、多くの臓器が働かなくなったりする場合もあります。

インフルエンザ脳炎とインフルエンザ脳症は、症状が似ていますが、より重症なのはインフルエンザ脳症です。

多くの場合、発熱のあと数時間から1日以内に神経症状が現れ、手足の突っ張りやけいれんが起こります。また、うわごとを言ったり走り回ったりなどの異常行動もみられます。

インフルエンザ脳症を発症すると、体温が低下します。これは、心筋炎などによって、循環不全を起こしているためです。ほかにも息苦しくなったり、顔色が悪くなったりします。これらの特徴がみられた場合、インフルエンザ脳症の可能性があります。

高熱が続くようであれば、水分を摂るようにしましょう。尿が半日以上出ていなかったり、嘔吐や下痢が続くと、脱水症状になる可能性があります。

こうした症状がみられる場合は、早急に医療機関を受診しましょう。